木目込雛

ふくよかなお顔が愛くるしい「木目込雛」

今から約250有余年前、京の古刹・上賀茂神社で誕生

祭札用の柳筥を作った余材で、小さな木彫り人形を作り、それに神宮の衣装の残り裂を木目込んだのが、その始まりとされています。