0120-33-2241

お問い合わせ・資料請求

お飾りの由来

 桃の節供は別名「上巳(じょうし)の節句」と呼ばれ、平安時代にはこの日を「禊(みそぎ)」を行う風習がありました。やがて紙などの形代(かたしろ)に自分の災いを移して川に流すようになり、これが宮中の「ひいなあそび(人形遊び)」と結びついたことが、雛祭りの起こりといわれています。
 江戸時代に入り、雛祭りが武家へ、そして庶民へと広がるなか、人形や調度品も、代々の匠の手によって精巧で華やかなものへと移り変わっていきました。

お雛様を飾る理由

 ひなまつりは、流しびななど身を清める「禊」の行事から、雛人形を飾る行事へと変化していきました。また、雛人形の「ひな」は漢字で鳥の「雛」と書き、小さく可愛いものに対する言葉として使われていきました。
 雛人形を飾る事で降り掛かる厄を払い、子供の健康と幸せを願うひなまつりは、家族の絆を深める大切な行事です。

お飾りの期間

 立春(2月4日)ころから2月中旬にかけて、遅くとも節句の一週間前までには飾りたいものです。
 季節の節目という節句本来の意味を考えると、節句がすんだら早目に、遅くとも3月中旬頃までの天気のよい乾燥している日にしまいたいものです。

お祝いの仕方

 実家のご両親や兄弟、仲人夫妻、親類、友人の順にお招きし、「はまぐりのお吸い物」「草餅」「白酒」か「甘酒」など、ひな料理にふさわしい料理を用意しましょう。
 料理は和食、洋食どちらでもかまいません。
 葉の花や桃の花を飾り、季節感の演出も忘れにしましょう。

雛人形の仕舞い方

 天気がよく、空気の乾いたカラッとした日に髪や衣装についたほこりを、毛ばたきか柔らかな小型の洋服ブラシでよく払い、頭や手足は、柔らかない白紙(サクラ紙やティッシュペーパー等)で包むようにしてからお仕舞いください。
 その際、お人形の頭や手足に、直接手や指がふれないようご注意ください。脂がついてシミがつきやすくなります。また、防虫剤は少なめにしてください。人形の持物、台、お道具セット、ぼんぼり、桜、橘等で樹脂製のものは、ナフタリンや樟脳等で溶けることがありますので入れないでください。
 お仕舞いになる場所は、極度に乾燥したり、湿気の多い所、直射日光があたる場所はお避けください。

次女、三女が生まれた時

 雛人形はその子の成長と幸福を祈り、赤ちゃんの身代わりとなり厄を受けてくれるお人形ですから、基本的に一人一人のお守りです。神社のお守りを割って二人で分ける事はしないように、母親の雛人形を譲り受けたり、姉妹兼用にするのは本当はおかしな事なのです。
 次女、三女にもそれぞれの雛人形を揃えてあげてください。

特典

ページの先頭へ

勢玉

TVCM放送中


店舗案内店舗案内
勢玉の魅力勢玉の魅力
雛人形について雛人形について
五月人形について五月人形について
結納について結納について
商品案内商品案内
お客様の声お客様の声
店舗案内店舗案内




古典ひいな古典ひいな

京雛京雛

木目込雛木目込雛

江戸雛江戸雛

創作雛創作雛

特撰雛特撰雛

贈答品贈答品